青汁Q&A

青汁を赤ちゃんや幼児、妊娠中の女性(妊婦)が飲んでも大丈夫?

更新日:

赤ちゃんと妊娠中の女性

青汁を赤ちゃんや小さな子供(乳幼児)、妊娠中の女性(妊婦さん)が飲んでも大丈夫のでしょうか?

答えは両者とも飲んでも大丈夫です。全く問題ありません。むしろ飲んだ方が良いでしょう。

その理由や飲んだ方がいい青汁について詳しくご紹介します。

 

妊娠中の女性には葉酸、ビタミン、ミネラルが必要

妊娠中の女性(妊婦)

妊婦中(マタニティ)の場合は、葉酸というビタミンが不足すると、体に問題がある子供ができやすい傾向があります。

その為、葉酸を積極的に摂りにいくことをオススメします。野菜で言えば、パセリ、ブロッコリー、春菊、ケールに多く葉酸が含まれています。

その葉酸入りの野菜が青汁には多く含まれているので、積極的に飲んでみて下さい。青汁は飲む野菜なので手軽に野菜が摂れるようになっています。

色々な葉酸のサプリがありますが、何が入っているのかがわかりにくいですよね。青汁は野菜をそのまま粉砕しただけなので、それを水に溶かして飲むというイメージ。とても安全でしょう。

お腹の子供(赤ちゃん)に栄養分を与えないといけないお母さんにとって、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいるので、青汁は総合的に最適なのです。

 

青汁を飲む女性

ただし、青汁には種類がたくさんあります。その中には添加物が入ったりして青汁風に似せたものもあるので注意が必要です。

どの青汁を買ったら良いのか迷っている方は、サンスター健康道場「粉末青汁」がおすすめです。5種類の国産野菜(産地も記載あり)だけを使った完全無添加青汁です。私は定期購入しています。

5つの野菜の中にはブロッコリーも入っているので、より葉酸が摂ることが可能です。

また、妊娠中は薬を飲めないので、便秘になるとタイヘンです。当時は気分が悪く成ったり、気持ちが落ち込んだりしたものです。そんな時は、毎日青汁を続けると、葉酸も摂れるし、便秘解消にも繋がりますよ

【関連】妊婦に必要な葉酸はどの野菜(食品)が多く含まれているの?

【関連】サンスター健康道場「粉末青汁」のレビューを見てみる

 

赤ちゃんや幼児に与えてもOK

赤ちゃん

赤ちゃんや小さな子供に与えるのも大丈夫です。赤ちゃん(乳児)にはミルクに少量の青汁を混ぜて飲ませたり、離乳食に使うのもOKです。

青汁を入れる理由としては、成長期の子供にとって、大切な栄養を摂ることができるからです。

その他、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんに青汁を混ぜた離乳食を毎日続けた所「あのアトピーは何だったのか」というぐらいにすっかりなくなったという口コミもあるぐらい、成長や体内のものを排出する栄養素が含まれているのです。

子供に青汁を与える分量

食事の量に合わせるようにしましょう。大人の半分の食事量の子供の場合は、青汁も1日90ccくらいまでを限度として飲ませてみて下さい。

 

まとめ

サンスター健康道場「粉末青汁」の水割り

妊娠中の方には青汁は葉酸が摂れる以外に、便秘も解消されるので、薬が飲めない時期にも使えます。青汁は「飲む野菜」と思ってもらってOKです。

赤ちゃんや子供などの乳幼児がアトピーが治ったりするのは、青汁の毒素排出という効果から来ています。その他、幼児の食物アレルギーが治ったという話も耳にします。

これらの話は当然個人差がありますが、気になる方は試してみることをオススメします。例えそれが効かなかったとしても、目に見えない所で健康や成長の助けになっています。

毎日続けることは何かしら良い方に向かうことは間違いありません。その為には完全無添加で栄養バランスのある国産の青汁を選ぶようにしましょう

【関連】妊婦に必要な葉酸はどの野菜(食品)が多く含まれているの?

【関連】サンスター健康道場「粉末青汁」レビューを見てみる

-青汁Q&A
-,

Copyright© 失敗しない有機青汁・無添加青汁の選び方 , 2019 All Rights Reserved.