青汁の効果

青汁が便秘解消に効果的な理由、それは食物繊維にあり

更新日:

女性が便秘でお腹を痛がっている様子

青汁を始める方の中で特に多いのが、便秘解消を目的とした方です。

女性は便秘になると「1週間出ないのが普通だ」とか「お腹が痛い」「気分が悪い」「吐き気がする」という結果になる方も多いと思います。

ここまでくるとかなり深刻な悩みですね。実は私もこれを目的に始めました。

便秘を解消するには他にも方法があります。薬に頼ることもできるのですが、薬だと以前までは効いていたのに、ある日を境にに効かない体になっているのです。

自然な形で便秘を解消していきたいと考えると青汁に行きつきます。青汁が便秘解消に効果的な理由をご紹介します。

 

便秘解消と食物繊維の歴史

便秘中の女性

女性の約6割が悩んでいると言われている便秘。その対策として有効的なのは食生活の改善です。

青汁を飲んだ女性の調査では、参加人数の約半数が1週間で改善効果が見られました。たった1週間で便秘解消されたのです。

1970年代にイギリスのバーキット博士が、アフリカには大腸がんが少ないということに気が付き注目し始めます。その訳を調べてみると、アフリカ人には1日平均500g近くの大量の便を排泄していることがわかりました。

ヨーロッパと比べて、アフリカでは食生活が異なります。「穀物やイモ類などの食物繊維が多い食生活だと便秘にならない」ということがわかったのです。

 

青汁に含まれている食物繊維が大腸を刺激する

大腸(イメージ図)

食物繊維は消化されないため、胃や小腸をそのまま通過します。

そのまま一気に便まで到達し、大腸の腸壁を食物繊維は刺激し、便を排出する「ぜん動運動」を活発にするのです。

青汁の食物繊維は、野菜そのものと追加されたものの2種類あり

青汁は明日葉大麦若葉ケール桑の葉などの野菜を粉砕して作った粉末が一般的です。

原材料名を見て、それ以外に色々なものが加えられているものがあります。例えば、難消化デキストリンオリゴ糖などが一般的。どちらも便秘を解消させる目的で入っています。

この中で「難消化デキストリン」は、とうもろこしやジャガイモから分解し食物繊維だけを取り出したもの。簡単に摂れる食物繊維として難消化デキストリンが入っているものが青汁には多いです。

 

野菜しか入っていない青汁の方が食物繊維が多い

サンスター健康道場「粉末青汁」の水割り

しかし、折角青汁を始めるのであれば、野菜だけしか入っていない完全無添加な青汁から始めましょう。その方が十分に食物繊維が多く入っているのです。

調べた結果、難消化性デキストリンなどが追加されている青汁よりも、野菜しか入っていない青汁の方が食物繊維が多いことがわかりました。

本来は野菜だけの方が食物繊維が多いのはずですが「野菜の量が少ない青汁は食物繊維が追加されているのでは?」と私は推測しています。

 

では一番多く食物繊維が含まれている青汁と言えば、サンスターの健康道場「粉末青汁」です。

5種類の国産野菜がたっぷり入っていて、他社の青汁は1袋3gですが、その約3倍の量が入った10g入りの濃厚青汁なのです。

色々青汁を飲んできましたが、青汁のことがよくわかった今、健康道場「粉末青汁」で統一できました。

日常の野菜にプラスに健康道場「粉末青汁」を飲むことで、1日に必要とされている分量をクリアすることができます。1日1袋でOKなのも、結果的にはコスパの良い青汁です。

より詳しく食物繊維と青汁について知りたい方は下の記事を読んでみて下さい▼

【関連】青汁には食物繊維がどれだけ含まれているのか、含有量で比較ランキング

-青汁の効果
-

Copyright© 失敗しない有機青汁・無添加青汁の選び方 , 2019 All Rights Reserved.