このサイトの目的

青汁を飲む女性

このサイトは青汁の中でも有機青汁と無添加青汁を中心に飲み比べをし、その中からオススメできる青汁を選んで紹介しているサイトです。

青汁を選ぶ基準は以下の4つを最優先して選んでいます。

  1. 有機栽培(オーガニック)又は無添加であること→安全
  2. 大麦若葉ケール明日葉など、栄養価の高い野菜を使っていること→栄養価が高い
  3. 青汁に使われている野菜の種類が多いこと→栄養バランス
  4. 家族や友人に勧められる青汁安心

青汁を飲んでみたいという方は、当然、健康を意識されてのことだと思います。折角、健康になりたいのであれば、添加物入りの青汁を飲んでいたら意味がありません

添加物入りの青汁は、見た目は青汁でも別の成分を使って青汁風に似せているのです。おそらく安い予算で作ろうという考えだと思います。

これだと折角の栄養素が添加物によって破壊されてしまいます。健康のために青汁を始めようというのに、体に悪い添加物などが入っていては本末転倒ですからね。

 

飲み比べをしてわかったことですが、実はそういう添加物入りの青汁は、世の中にはたくさん存在するのです。

特に安い価格の青汁を購入してしまうと、野菜の濃度が低く、添加物あり、海外の野菜が入った青汁の可能性があり、これだと逆効果になってしまいます。

参考安心&安全性の高い青汁の選び方5つ

そのような添加物入り青汁を選ばないように、納得できる青汁を一つ選び、毎日飲み続けて健康を維持、又は改善していくのがこの青汁サイトの目的です。

 

毎日野菜を摂ることを意識しよう

たくさんの種類の野菜

まずは毎日の食事の中に野菜を多く食べることを意識しましょう。1日350g野菜を摂ることを目標にし(そのうち緑黄色野菜は120g)、それに青汁を追加することで、毎日必要な野菜の摂取量をクリアできるのです。

参考:厚生労働省「健康日本21(第二次)」より

毎日取り続ける食事の栄養に、青汁に含まれている栄養素やミネラル、カルシウムを追加することで、健康的な体を維持していくことができます

 

無添加で安全な青汁は?おすすめランキング

市販の青汁を一つ選びたいけど、たくさんありすぎて悩んでしまうという話をよく聞きます。私も最初はそうでした。

しかし飲み比べたり、本を読んだりして調べて行くと、あるポイントがあることがわかりました

青汁なんて全部同じだろうと思われるかもしれませんが、そうではありません。青汁の選び方のポイントを見ていくと、結局の所、おすすめできる青汁は限られてきます。

たくさん比較した結果、安心して続けられる青汁を選びました。

 

私が選んだ国産野菜、野菜の種類が豊富、無添加で安全な青汁は以下の3つです。

1位:サンスター健康道場「粉末青汁」

サンスター健康道場「粉末青汁」パッケージ

サンスター健康道場の「粉末青汁」という青汁がダントツでNO.1、私は定期購入しています。

その理由は以下の7つです。

  • 5種類の国産野菜100%であること
  • 完全無添加なので安全
  • 1袋に10gの粉末青汁が入っていること(他社の2.5〜3倍の量)
  • 1袋で緑黄色野菜を100g摂れる
  • 食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、β-カロテン、葉酸、ビタミンC、8つの栄養価が高く、バランスよく摂れること
  • 大手企業なので安心
  • 1日1袋で良いのでコスパがいい
  • 価格:4,500円(30袋入り)、1杯150円

安い青汁だと外国産の野菜だったり、添加物が入っていたりしますが、粉末青汁にはその心配は全くありません。

野菜だけで十分に食物繊維、カリウム、鉄分、葉酸などが入っているのです。8つの栄養価が特に高くて、バランスよく摂れるものは他にはありません。

100gも緑黄色野菜が入っているので、一日に必要な野菜の摂取量を十分にカバーできます

私は毎日飲んでいた缶コーヒーをやめて、1杯150円の粉末青汁を定期購入しています。総合的にみて5つ星(★★★★★)。

 

2位:ステラの贅沢青汁

「ステラの贅沢青汁」パッケージ表

ステラの贅沢青汁が2位。もちろん無添加です。

  • 粒タイプなので青汁の味が苦手方にも安心
  • 水で手軽に飲むことができる、飲みやすい
  • 「未来の食糧」クロレラが入っている
  • 合成賦形剤不使用
  • クロレラ、ケール、長命草:完全無添加
  • 国産野菜、産地も表記
  • 価格:特別モニターコース980円(2回目以降は40%オフ)

粒タイプなので水で飲むだけ。独特の青汁の味を気にする必要がありません。

特にクロレラは17種類のビタミン、18種類のアミノ酸、7種類のミネラル、食物繊維、葉緑素が含まれている未来の食糧と言われています。

基本は1日3粒。その日の野菜の摂取量によって6粒飲む日と手軽に調節できるのが特徴です。クロレラなどの野菜サプリとしても使えます。

総合的にみて4つ星(★★★★☆)。

 

3位:プロスペリティ国産有機青汁「四重奏」

プロスペリティ有機青汁「四重奏」粉末をお皿に出した様子

プロスペリティの有機栽培青汁「四重奏」、オーガニックであり、もちろん無添加青汁です。

  • 国産青汁
  • 無添加青汁
  • オーガニック青汁
  • 成分:有機大麦若葉、有機ケール、有機桑の葉、有機ハト麦若葉の4種類
  • 有機 JASマーク

これだけ見ると1位にしたくなる思いもありますが、以下の点が気になり3位にしています。

  • 三大青汁と言われる大麦若葉、ケールは入っていますが、明日葉が入っていない点
  • 1袋に3gしか入っていない点

これ以外は完璧!理想の青汁と言えます。

1袋3gの場合は1日に2袋飲む必要があるので、結果的に割高になってしまいます。

1位の「サンスター粉末青汁」などと比較した結果、青汁を継続できなるという点からマイナスポイントにしてます。青汁というのは継続しないと効果を発揮できないため。

 

以上、1位・2位・3位どれも添加物なしの「無添加」で、栄養価の高い野菜不足解消を中心に選んでいます。

絶対に健康になりたい、野菜不足の解消を中心に始めたいという方はサンスター「粉末青汁」、青汁は苦手だけど同じように栄養価の高いものを続けたいという方は「ステラの贅沢青汁」がオススメです。

 

次点:サンスター健康道場「緑でサラナ」

サンスター健康道場「緑でサラナ」5缶

1位と2位同じくサンスター健康道場シリーズの「緑でサラナ」は、コレステロール値を下げることを目的とした飲み物なので次点にしました。

  • 天然アミノ酸でLDL(悪玉)コレステロールを下げる効果がある
  • 特定保健用食品(トクホ)
  • 1缶で野菜を105g、2缶で210g摂れる
  • 青汁嫌いな方向け
  • 公式サイトキャンペーン価格5,400円(10%オフ)、1本213円

青汁では無く、リンゴ、レモン、野菜(特にセロリ)の味の野菜ジュース。砂糖無しの自然の甘みになっています。

1日に必要な野菜の摂取量350gの内、1缶で105g野菜を摂取できます。青汁嫌いの方はこれが最適です。

何を試してもコレステロール値を下げられなかった方にオススメ

少し値段が高いので☆一つ差し引いて、総合的にみて4つ星(★★★★☆)。

 

栄養成分の含有量で青汁を選ばれる方

青汁を始める目的はそれぞれ異なります。青汁1袋に含まれている栄養成分の含有量から比較ランキングをしているので、目的にあった青汁を選びやすくなっています。

血圧を下げたい方はカリウム、血液を固まらせる作用があるビタミンK、皮膚や粘膜などを再生する働きのあるβ-カロテン(ビタミンA)、便秘解消をっ目的とした食物繊維など。

 

目的別で青汁を選ばれる方

野菜不足の解消、産地(都道府県)が表示された安全な青汁、食物繊維重視の方など目的別で青汁を選ばれる方向けの記事をまとめています

 

青汁の野菜を知りたい方

青汁に使われている野菜の栄養成分について解説しています。野菜で青汁を選びたい方は参考にしてみて下さい。

青汁に使われている野菜の種類(原材料名)」というまとめ記事もあわせて読んでみてください。

 

口コミ・評判から青汁を選ばれる方

有機青汁や無添加青汁を実際に飲み続けて口コミ・評判をまとめています。迷われた方はサンスター健康道場「粉末青汁」がおすすめです。

更新日:

Copyright© 失敗しない有機青汁・無添加青汁の選び方 , 2019 All Rights Reserved.